アイデンティティ概念の再構築の試み--イタリア人アイデンティティという事例とともに  [in Japanese] Towards Revisioning Identity: Another Phase of Italian Identity Discourse  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

アイデンティティという概念は,現在「アイデンティティ政治」に代表されるように,多くの弊害が取り沙汰されているが,その一方で,この概念を擁護する声もけっして小さくない。近年のアイデンティティ論は,構築主義的な転回を果たしたと言われているものの,いまだ根源的な問題は放置されているからである。本稿は,そうした問題意識の元で,アイデンティティ概念を,「関係性」という概念を新たに導入しながら再構築していくことを目的とする。実際,従来のアイデンティティ概念をもう一度振り返ってみるならば,その最大の問題は,それが異同という指標,すなわち「我々/彼ら」を分離・分類する論理によって構成されている点にあることが浮かび上がってくる。とするならば,そこにあるのは,関係性ではなくて基準である。これに対して関係性とは,関係の非決定性,多義性,偶発性,歴史性を積極的に評価した概念である。この概念とともにアイデンティティのあり方を定位し直していくならば,そこには新たな主体や連帯のあり方,すなわち新たな社会のあり方も浮かび上がってくるだろう。しかも,そうした新たなアイデンティティのあり方とは,けっして机上の空論ではなく,たとえ萌芽的ではあっても,実際に我々の周囲でもすでに見出すことができる。その一例がイタリア人アイデンティティである。それはこれまであまりにも脆弱なナショナル・アイデンティティであると見なされてきたが,別の視点からみれば,そこには,ナショナル・アイデンティティとは異なる語りの位相が見えてくるのである。この事例は,わずかな兆候に過ぎないかもしれないが,アイデンティティがこれほどまでに社会問題と化している今,その混乱のなかから新たな社会の展望を探っていくためにも,そこに積極的に注目して理論化していくことはけっして無意味な作業ではないだろう。Today some severely accuse identity of having caused and causing manyserious problems, represented by identity politics, but others vigorously defendthe concept as effective in spite of difficulties. Identity theory, even after theconstructionist turn, has not resolved this dilemma yet. This article attempts torethink and reconstruct the concept of identity. The key notion that this articlebrings into the discussion is relationship. In today's concept of identity,we can easily identify the logic of separating and categorizing same/ different,that is, us/ them. This logic is just a rule, and is not concerned with anynotion of relationship. By contrast, relationship means undecidability by anyrule, and so is ambiguous, contingent, and constructive. The relationship conceptsuggests that we reconstruct identity, through which we can also rethinkthe issues of subject, solidarity and society. This alternative version of identityis not only an armchair theory. We can find some examples in daily life, evenif they are poor and slight—one of them is Italian identity. Usually this is saidto be a very weak national identity. But from another point of view, we canfind there another phase of identity discourse, based on relationship. We needa more accurate discussion to recreate the concept of identity, struggling withthe theory and the reality harder than at present.

Journal

  • Bulletin of the National Museum of Ethnology.

    Bulletin of the National Museum of Ethnology. 30(4), 455-492, 2006

    National Museum of Ethnology

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120001895652
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00091943
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0385180X
  • NDL Article ID
    7917277
  • NDL Source Classification
    ZG1(歴史・地理)
  • NDL Call No.
    Z8-1298
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top