Marloweとことわざ

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

十六世紀から十七世紀にかけて、英国におけることわざの流行にはめざましいものがあった。もともと英国人はことわざを愛好する国民ではあったが、1500年に出版されたErasmusのCollectanea Adagiorum Veterumが、この流行を促す一原動力となった。古典からの引用句を蒐めたこの書物は、当時の英国におびただしい愛読者を獲得し、その影i響はRichard TavernerのProverbs and Adages(1539)、The Flowers of Sciences(1547)やNicholas UdallのApophthegmes(1542)となってあらわれた。一方、新しい文芸、学問の輸入にともない、古典のことわざばかりでなく、イタリヤ、スペイン、フランスなどの国々のことわざも、広く英国にとり入れられるにいたった。

収録刊行物

  • 文芸研究

    文芸研究 (7), 5-23, 1960-04

    明治大学文芸研究会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120001941376
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00222101
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03895882
  • NDL 記事登録ID
    138148
  • NDL 雑誌分類
    ZK22(言語・文学--日本語・日本文学)
  • NDL 請求記号
    Z13-117
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ