験者のあくび--『枕草子』「すさまじきもの」段小考 A yawn of 'Genza': a study of 'Susamajikimono' paragraph in 'Makura no soshi'

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

『枕草子』第二十三段「すさまじきもの」の段には、験力を持った祈祷僧が、物の気を患った者の治療のため、憑り坐しに物の気を移らせようとして加持するのだが、全く効果が表れず、あくびをして横になってしまう、という「すさまじきもの」の一例がある。従来これは「加持に疲れ、何の効き目もないのに倦み飽きて眠くなってしまった験者(祈祷憎)の、やる気のなさを象徴する〈あくび〉」と解釈されてきたが、『古今著聞集』巻六・第二六六話、『栄花物語』巻二十九「たまのかざり」などによると、加持場面での病人のあくびは、物の気が治る兆候として現れており、本段における清少納言の筆致なども考慮すると、験者への皮肉を込めて、「本来あくびが期待される病人ではなく、験者がしてしまう」という文脈に読むべきである。

収録刊行物

  • 三重大学教育学部研究紀要

    三重大学教育学部研究紀要 60, 85-92, 2009

    三重大学教育学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002015148
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12097333
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    18802419
  • NDL 記事登録ID
    10288838
  • NDL 雑誌分類
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要) // ZM2(科学技術--科学技術一般--大学・研究所・学会紀要)
  • NDL 請求記号
    Z22-209
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ