大学数学における「わかる」の判断基準に関する研究--ゼミ形式の指導を通して  [in Japanese] A research on criteria for recognizing students' understanding mathematics: via observing lessons of seminar style  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

算数・数学の授業における「わかる」を判断するための方法と「わかる」ための指導法の確立を目的として、大学数学におけるゼミ形式による指導を観察し、さらに発表者と指導者に「わかる」をどう判断したかなどのインタビューを行った。その結果として得られた仮説『「わかる」の判断基準として『指導者の「確立された理解」と学生の対応との比較』が挙げられるのではないか』を基に、「わかる」の判断過程モデルと指導法を提案する。

Journal

  • Bulletin of Center for Educational Research and Development

    Bulletin of Center for Educational Research and Development (19), 67-74, 2010-03

    奈良教育大学教育学部附属教育実践総合センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002036316
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11648373
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13476971
  • NDL Article ID
    10661943
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-3370
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top