市町村合併と市町村名称の選択 (特集・地域ブランドを形づくるもの) Annexation and consolidation of municipalities and the names of new communities

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

平成の市町村大合併によって市町村数は半数近くに減少した。多くの市町村名称が消えると共に、多くの新市町村名が生まれた。本稿では、特に新設方式をとった市町村がどのように新市町村名称を選択したかを分析した。命名方式をいくつかに分類してみると、50%近くは従来の市町村名を継承し、40%近くが地域の地名(広域名、地域の通称名、自然地名等)を採用した。しかし、合成地名と創作地名という変則も10%近くあった。ただし、変則的命名は、明治の大合併と比較して比率が高くなっているわけではない。特に合成地名の比率は低くなっていると推測できる。しかし、少数であっても変則の範囲が拡大し、さらに、かな使用の市町村名称が急増しているということが、新たな現象および問題として指摘できる。論文の最後で、市町村名の機能について検討したが、変則的な命名は、一般的には市町村名が果たす機能を弱体化するものと判断せざるを得ない。The number of municipal corporations in Japan has reduced by half between 1999 to 2006, by the national government's policy on local finance. There are two ways to reduce the number of municipalities, annexation and consolidation. In the case of consolidation, one of the important problems is how to name new communities. In this paper, I analyzed how new community names were selected, and pointed out the problems about them. About 50% of newly consolidated communities adopted one of former community names. About 40% adopted the famous placenames of the area. And 10% invented new names. Two new tendencies were found in naming. (1) In case of invention, words denoting favorable images but have no relations with the places are often used as new community names. (2) In some cases community names are written in only KANA characters. These tendencies were made as consequences of compromising processes between old communities which made new one, but weakened intangible property of communities, the power of place-name.

収録刊行物

  • 地域ブランド研究

    地域ブランド研究 (5), 1-29, 2009-12

    地域ブランド研究会事務局

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002068233
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12090334
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    特集
  • ISSN
    18812155
  • NDL 記事登録ID
    10616925
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情)
  • NDL 請求記号
    Z71-P531
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ