日本のヲコト点の起源と古代韓国語の点吐との関係  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

日本のヲコト点の起源については、今まで一元論に立って、九世紀初(平安時代初期)に南都(奈良)僧によって、片仮名と共に、創案されたと説かれて来た。しかし、韓国において角筆による点吐が発見されてその解読が進み、併せて日本所在の新羅経典の点吐資料の再発見も加わったことにより、日本の使用初期のヲコト点が、古代韓国語の点吐と類似性を示していることが分った。そこで、既発表に新しい材料を加えて、その影響関係を考えると共に、それに基づいて、日本のヲコト点が展開する過程を探ってみる。

Journal

  • 汲古

    汲古 (57), 1-12, 2010-06

    古典研究会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002191908
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00102788
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    02892693
  • NDL Article ID
    10738683
  • NDL Source Classification
    ZU7(書誌・図書館・一般年鑑--書誌学)
  • NDL Call No.
    Z21-1335
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top