富山県平野部の風速に対する風向分布と地形効果  [in Japanese] Distribution of wind direction and orographic effect with wind speed over the plain area of Toyama Prefecture, central Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

富山県の局地風である井波風に関しては,小川(2001)で挙げている。この井波風に関して,砺波平野南部にある不吹堂(ふかんどう)の分布や,成立過程を詳細に述べた,大浦(2000)がある。富山県の平野部各地に見られるスギなどの高木で家屋の周りに囲む屋敷林に関しての簡単なレビューは前号の田畑・田上(2007)や,田畑(2007a)に示したとおりである。本稿では富山県内の,富山・砺波・南砺高宮で 5~9m・s^<-1>の風速のときの,他の各地点の風向分布(回数)と,屋敷林の設営方向とを対比する。そして,田畑・山川(2007)や,田畑(2007a)でとらえられなかった,風速区分と地形との関連を解析する。

Journal

  • Memoirs of the Faculty of Human Development, University of Toyama

    Memoirs of the Faculty of Human Development, University of Toyama 2(1), 47-54, 2007-11

    富山大学人間発達科学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002227008
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12181167
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1881316X
  • NDL Article ID
    9261431
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z71-S250
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top