MRIにおけるサンプリング時間の測定と画像の再構成  [in Japanese] Measurement of sampling time in MRI and reconstruction of MR image  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

MRIにおいてk-spaceを構築するためにはエコー信号をサンプリング時間に従って採取する必要がある.このサンプリング時間を測定するために,FOV(field of view)の左半分にファントムを置くことにより階段関数となるスピン分布を生成した。得られたエコー信号を,階段関数をフ-リェ変換したときに得られるフ-リェ係数と比較することによりサンプリング時間を求めた。得られたサンプリング時間を用いて,MRI MULTI-TEST PHANTOMをMRI装置でスキャンすることにより得られたエコー信号をサンプリングしk-spaceを構築した。このk-spaceをフ-リェ逆変換することによりMRI MULTI-TEST PHANTOMの画像を再構成することができた。

Regarding the construction of k-space in MRI, it is necessary to extract the required data from the echo signals with the rate of sampling time. In order to measurethe sampling time, a rectangular phantom was placed on the left side of the FOV in the body coil of an MRI equipment, and got analog signals in the sequence of spin echo. The sampling time was determined by comparing the measuredsignals with the Fourier coefficients obtained by transforming the step function which was similar to the profile of the FOV. The MRI MULTI-TEST PHANTOM was scanned, and the k-space was constructed with the extracted data from the echo signals with the rate of the determined sampling time. The MRI images of the MULTI-TEST PHANTOM were reconstructed by inverse-transforming theobtained k-space.

Journal

  • 岡山大学医学部保健学科紀要

    岡山大学医学部保健学科紀要 14(2), 121-128, 2004-03-31

    岡山大学医学部保健学科

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002307209
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11403004
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1345-0948
  • Data Source
    IR 
Page Top