看護学生のストレスに影響を及ぼす要因  [in Japanese] Stress factors in nursing students  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

看護学専攻の大学生1~4年生を対象に,ストレッサ一,ストレス反応におけるHealth Locus of Controlとソーシャルサポートの効果等に関する質問紙調査を行った結果,次の点が明らかになった。 1. ストレス反応(全体),不安・怒り・抑うつに関して,いずれもHLCの高群のほうが,低群よりも心身の健康度が高いことが明らかになった。 2. ソーシャルサポートの高低によるストレス反応に,有意な差は認められなかった。また,ストレス反応に対する直接的影響も見られなかった。しかしながら,下位項目である母親サポートについては,ストレス反応の抑制に効果のあることが明らかになった。 3. ストレッサ-では,1・2年生はクラブ活動が最も多く,次に学業が多かった。3・4年生も学業が最も多かった。 4. サポート源では,4年生が他の学年より教員サポート人数において,高い値を示していた。それに対し,1・2年生と教員の関わりは少ないということが明らかになった。

Stress factors in undergraduate students from freshmen to the fourth grade in a nursing school were studied using questionnaires. In particular, focuses were given to stressors, effect of Health Locus of Control (HLC) and social support on stress reaction. 1 . Stress reactions such as anxiety, anger and depression have lower scores in a group with high HLC than that with low HLC. Thus, the higher group has a better degree of mental health. 2 . There is no appreciable difference in stress reactions between groups with much and little social support. However, support from their mothers has great effects onsuppressing their stress reactions. 3 . Club activity is the major, and study and practice are the second factors of stressors in the freshmen and the second grade. Study and practice are the major stressor in the third and the fourth grade students. 4 . Various kinds of support from teachers yielded high scores in the fourth grade students particularly. On the other hand, freshmen and the second grade students have less relation contact with teachers.

Journal

  • 岡山大学医学部保健学科紀要

    岡山大学医学部保健学科紀要 17(1), 17-26, 2007-03-15

    岡山大学医学部保健学科

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002307307
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11403004
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1345-0948
  • Data Source
    CJPref  IR 
Page Top