ヒト血清リポタンパク質とシクロデキストリンのアガロースゲル内における相互作用 Human serum lipoprotein-cyclodextrin interaction in agarose gel

Access this Article

Search this Article

Abstract

シクロデキストリンは低分子量の環状オリゴ糖で, リポタンパク質と複合体を形成する。シクロデキストリンを使用した電気泳動による血清リポタンパク質サブクラスの分離の可能性を明らかにするために, リポタンパク質とシクロデキストリンとの泳動用ゲル内での相互作用について検討をおこなった。その結果,α-CDとβ-CDの2種類のCDをアガロースゲルに添加し,このゲルを泳動用支持体として等電点電気泳動をおこなったところ,apoB含有リポタンパク質が数分画分離された。したがって,ゲル内へのシクロデキストリンの適正な添加条件が設定できるならば,apoB含有リポタンパク質サブクラスの分離が可能となることが示唆された。

Cyclodextrins (CDs) are cyclic oligosaccharides with low molecular weight. They have been known to bind to some serum lipoproteins and to form complexes. To elucidate whether each serum lipoprotein subclass could be separated by electrophoresis using CDs, we performed preliminary experiment, in which lipoprotein-CDs interaction was examined on electrophoresis with agarose gel. When the supporting agarose gel containing both α-CD and β-CD was prepared and was applied to isoelectric focusing for fractionating serum lipoproteins, apoB lipoproteins were found to be clearly separated into several fractions on this electrophoresis. This finding suggested that apoB lipoprotein may be detected as isolated form by arranging amounts of added CDs.

Journal

  • 岡山大学医療技術短期大学部紀要

    岡山大学医療技術短期大学部紀要 7(2), 93-97, 1997-01-31

    岡山大学医療技術短期大学部

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002307426
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10355371
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0917-4494
  • Data Source
    IR 
Page Top