中華人民共和国教育部:『全日制義務教育の音楽課程の標準(試行案)』  [in Japanese] "Katei-Hyojun, Curriculum Standard of Music (temporary version) for compulsory education" by the Ministry ofEducation, People's Republic of China  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

中華人民共和国教育部は2000年に日本の『学習指導要領』にあたる『課程標準』を制定した。『課程標判は2002年までが試行期間とされている。これはそれ以前の『教学大綱』を現在の中国の教育事情に合わせて改訂したものであり,社会的な変動を受けて理念や構成方法なども大きく変えられている。試行案とはいうものめ,今後の中国の教育施策の基本となるものとして提示されている。しかしながら,日本においては音楽の『課程標準』に関する論評はこれまで断片的なものしか出されていない。全体像を把握することは音楽教育研究にとって重要であると考え,ここに『全日制義務教育の音楽課程の標準(試行案)』全文を日本語に翻訳した。

This is a Japanese version of "Katei-Hyojun, Curriculum Standard of Music (temporary version) for compulsoryeducation" of People's Republic of China, The Ministry of Education enacted a revised version of "Kyogaku-taiko, General Prinsiples of Teaching and Learning" in 20I0t0 w. as expected to enforce formally in 2002T.he principles and construstion are up-dated due to the educational situation of the couMntroyr.eover,it presentes the fundamental education policy for fuIntu Jraep. an, several studies on it have already been done butmost of them are fragmentaIrt yi.s very neccesary to see the whole.

Journal

  • 岡山大学教育実践総合センター紀要

    岡山大学教育実践総合センター紀要 4(1), 147-161, 2004

    岡山大学教育学部附属教育実践総合センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002308065
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11529614
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1346-3705
  • Data Source
    IR 
Page Top