身近なものを使ったバイオリアクタ―の開発  [in Japanese] Development of Bioreactor that is Made of Everyday Materials Around Us : Aiming to Efficient Production of Bioethanol  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究は身近にあるものを使い、従来のバイオリアクタ―よりも効率よくバイオエタノールを生産することができる、新しいバイオリアクタ―を開発することを目的とした。試行錯誤の結果、日常生活品として容易に手に入れることができるものを使い、従来のものよりも約2~4倍高い値のバイオエタノールを生産することが可能にした。

We developed a bioreactor that is used for producing bioethanol. Our bioreactor is made of everyday materials that are inexpensive and easy to obtain. Our bioreactor is 2 to 4 times more efficient at producing bioethanol than conventional one.

Journal

  • 岡山大学教育実践総合センター紀要

    岡山大学教育実践総合センター紀要 8(1), 9-16, 2008-03-10

    岡山大学教育学部附属教育実践総合センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002308091
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11529614
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1346-3705
  • Data Source
    IR 
Page Top