岡山市における生涯音楽学習に関する調査研究―公民館における学習を中心に―  [in Japanese] On Life-long Music Learning in Okayama City : Focused on Music Learning in Public Community Centers  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

生涯学習の場で理想とされる「すべての人に満足のいく学習づくり」に向けて、本稿では音楽学習が盛んに行われている岡山市の公民館に焦点を当て、実態調査によって問題点を明らかにすることを目的とする。公民館の音楽学習の特徴を浮かび上がらせるために、インタビューや意識調査を行い、その結果を民間学習機関、個人教授所、大学サークルと比較する。調査の結果、公民館における生涯学習の可能性についての問題点として以下の3点が明らかになった。・公民館における音楽学習のリピーターが多く、他の学習形態・機関からの新入が少ないこと。・若い世代にとって公民館が学習の継続のための対象機関として認識されていないこと。・音楽用の防音設備と適切なスペースの確保

In Okayama City, various life-long learning facilities have been founded and many people are learning there. The idealistic concept of life-long learning is said to make all people to be satisfied at learning. In this paper, we focused on public community center. We examined music leaning in community centers through interviews and questionnaires. The results are compared with other learning, i.e. studio music leaning and pedantic music circles in a university.The results show that community centers are ot popular among young generation. To develop life-long music learning more information about community center is necessary.

Journal

  • 岡山大学教育実践総合センター紀要

    岡山大学教育実践総合センター紀要 8(1), 17-28, 2008-03-10

    岡山大学教育学部附属教育実践総合センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002308155
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11529614
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1346-3705
  • Data Source
    IR 
Page Top