この論文にアクセスする

抄録

この研究の目的は腰痛評価におけるMRIの役割を検討することであった。対象は腰痛を訴え腰椎MRIを受けた19名(32歳から39歳2名,59歳から78歳17名)であった。椎間板変成はL4/5levelで最も多く認められた(68.4%)。本研究において腰痛を有する全患者に腰椎の異常(椎間板変性,disc bulging, protrusion, facet hypertrophy,神経根圧迫,腰椎変形など)を認めた。

The purpose of this study was to examine the potential role of magnetic resonance imaging (MRI) in the evaluation of low back pain (LBP). The study group, 19 patients with low back pain (2 subjects aged 32-39 years and 17 aged 59-78), underwent MRI of the lumbar spine. Disc degeneration at L4/5 was the most common finding (68.4%). Overall in present study, all patients with LBP had abnormalitiesaround the lumbar spine (evidence of disc degeneration, deformity of lumbar spine, disc bulging or protrusion, facet hypertrophy, nerve root compression and so on).

収録刊行物

  • 岡大三朝分院研究報告

    岡大三朝分院研究報告 (70), 67-72, 1999-12

    岡山大学医学部附属病院三朝分院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002308559
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10430852
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    09187839
  • NDL 記事登録ID
    5587337
  • NDL 雑誌分類
    ZS47(科学技術--医学--治療医学・看護学・漢方医学)
  • NDL 請求記号
    Z19-268
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ