膵炎の分類 ―その変遷と最近の考え方― Classification and concepts of pancreatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

膵炎の分類は膵臓研究の進歩とともに変遷を重ねたが,ここ20年間はマルセイユ分類(1963年)が国際的に広く用いられてきた。しかし最近,膵検査法の進歩と膵研究の知見の蓄積を背景にして,ケンブリッジ(1983年),マルセイユ(1984年),およびローマ(1988年)において分類の改訂を目的に国際シンポジウムが開催され,それぞれに新しい膵炎の分類が提案された。各分類には多くの共通点が見られるが重要な相違点もある。各分類を十分に理解していないとしばらくは混乱に陥ることが危惧される。幸い筆者の1人はこれらのシンポジウムに招待され参加する機会を得たので,成文の背景にある討議を詳しく紹介し,各分類を比較しながらその特徴を述べた。それとともに将来理想的な分類を完成するために今後検討すべき課題をも指摘した。そして,これら分類の当面の利用法に関する筆者らの提案を述べた。

The present paper is a review of the historical changes in the classification and concept of pancreatitis. The Marseille classification and concept had enjoyed its international popularity for more than 20 years since it was adopted at the first Marseille symposium in 1962. However, the recent advancement in the study of the pancreas led to the attempts to revise the classification and concept of pancreatitis : International Symposium in Cambridge in 1983, Second International Symposium in Marseille in 1984 and Symposium at the International Congress of Gastroenterology in Rome in 1988. As one of us was invited to the last two symposia, we described thedetails of the revised classification and concept of Marseille (1984) and of Marseille-Rome (1988) ; then, we described the similarities and differences between the Cambridge classification, the revised Marseille classification and the Marseille-Rome classification. Finally we summarized the subjects to be further investigated to make better classification of pancreatitis in the future.

収録刊行物

  • 環境病態研報告

    環境病態研報告 (60), 83-93, 1989-07

    岡山大学医学部附属環境病態研究施設, 岡山大学医学部附属病院三朝分院

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002309066
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10084718
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0913-3771
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ