東洋ラン・Cymbidium属植物から分離されたOdontoglossum ringspot Tobamovirus(ORSV)について  [in Japanese] Host Range and Properties of Odontoglossum Ringspot Tobamovirus (ORSV) Isolated from Miniature Cymbidium in Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

Odontoglossum ringspot virus (ORSV)はJensen&Gold(1951)によってOdontoglossum grandeにえそ輪紋を生じた病原ウイルスに命名されたが、CattleyaやCymbidiumを中心として広くラン科植物に発生していることが認められている。また、わが国では井上(1966、1983)がCymbidiumからORSVを分離し報告しており、日本でも多種属のラン科植物にORSVの発生が非常に多いことが認められている。シュンラン、カンラン、スルガランなどを含む東洋ラン・Cymbidium属では、かつて葉にモザイク斑を生じた斑紋を"金砂"と呼び非常に珍重されていたが、井上(1984、1990)はこの斑紋がORSVの感染によって生じたものであることを記載した。さらに、井上・呂(1983)は台湾においてもORSVが東洋ランに発生していることを報告している。これらの報告にはウイルスの診断と病徴の記載にとどまり、その病原ウイルスの諸性質についての詳細な記述がなされていなかった。本報告では、葉に軽いモザイク症状を示す東洋ランと呼ばれているスルガラン(Cymbidium ensifolium:蕙蘭)およびカンラン(Cymb. kanran)から検出されたウイルスについて病原学的研究を行ったところ、ORSVと同定されたので、これらの諸性質についての研究結果を報告するとともに、この東洋ラン分離株と既報の洋ランから分離されているORSVおよび同グループのtobacco mosaic virus (TMV)との比較研究を行ったので、それらの結果についても報告する。

Odontoglossum ringspot virus (ORSV) was isolated from miniature Cymbidium (Cymb. kanran and Cymb. ensifolium "Keiran"), showing mild mosaic symptoms on their leaves. The virus was transmitted by inoculation with sap to 18 of 62 species in 6 of the 12 families tested. Systemic infection occurred in Cattleya, Cymbidium, Nicotiana benthamiana and N. clevelandii. In Tetragonia expansa sap, the virus was infective at a dilution of 10-6 but not 10-7, after heating at 90℃ for 10 min but not at 95℃, and after 4 months at 20℃ (this test is being continued). Rod shaped particles, c. 18×320nm, were found in Chenopodium quinoa sap. Ultraviolet absorption spectrum of the virus showed an A260/A280 ratio of 1:1.14. The virus had a single coat protein with mol. wt. 18,900 daltons. In comparison the coat proteins of ORSV Cy-1 and Cy-46, isolated from Cymbidium, were about 19, 200 and 18,900 daltons, respectively. In ultrathin sections of leaf tissues from diseased plants, virus particles were observed to aggregate in the vacuole and cytoplasm. The virus reacted with Cy-1 antiserum in immunoelectoron microscopy. A test using agar gel diffusion indicated that ORSV and TMV ordinary strain are distantly related. In DAS-ELISA, using an antiesrum against Cy-1, 4 isolats of ORSV in purified preparation were detected at a dilution of 10-4 but not 10-5. However, TMV ordinary strain could not be detected in this way.

Journal

  • Annual report

    Annual report 1(1), p21-34, 1992-03

    岡山大学資源生物科学研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002313489
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10381600
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0916930X
  • NDL Article ID
    3813744
  • NDL Source Classification
    RB36(農産--微生物および防除--ウイルス)
  • NDL Source Classification
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL Call No.
    Z18-3378
  • Data Source
    NDL  IR  JASI 
Page Top