非対称増感紙フィルム系の粒状性  [in Japanese] Granularity of Asymmetric Screen-Film System  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

非対称増感紙フィルム系について、両面乳剤フィルムのウィナースペクトル測定に及ぼす影響を検討した。濃度0.5~2.5のノイズ試料のフロント乳剤、バック乳剤、支持体層それぞれで測定したスペクトルの和と、両面同時に測定した全スペクトルとを比較した。その結果、全ウィナースペクトルの値は、フロント乳剤、バック乳剤の和より高くなった。また、試料濃度が高いほど、その差は大きくなった。これらは、マイクロデンシトメータの光学系の配置と両面乳剤フィルムの構造に起因している。したがって、非対称システムのようにフィルムの前面と後面で特性を分けて考える場合、注意を要する。

We have examined a factor affecting the Wiener spectrum measurement of double-emulsion film. An asymmetric screen-film system (Kodak HC/INSIGHT system) was used in this study. The results indicated that the total Wiener spectra of double-emulsion films are higher than the sum of spectra obtained with the front emulsion and back emulsion separately. These differences are attributed to the arrangement of the optical system of the microdensitometer used to measure and the structure of double-emulsion film.

Journal

  • 岡山大学医療技術短期大学部紀要

    岡山大学医療技術短期大学部紀要 (5), 105-110, 1995-01-31

    岡山大学医療技術短期大学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002313805
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10355371
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0917-4494
  • Data Source
    IR 
Page Top