ポリエチレングリコール修飾によるコレステロールエステル分解酵素の体内挙動変化 Clearance study of polyethylene glycol-modified cholesterol esterase.

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

The clearance of polyethylene glycol-modified cholesterol esterase was investigated spectrophotometrically, as compared with native one. PEG-modification provided the significant elongation in clearance time of cholesterol esterase after intravenous injection in mouse. This method was shown to be effective for creating new biomaterials.

収録刊行物

  • 岡山大学医療技術短期大学部紀要

    岡山大学医療技術短期大学部紀要 (4), 53-55, 1994-01-31

    岡山大学医療技術短期大学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002313810
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355371
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0917-4494
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ