ある被害者遺族の有効なモーニングワークに関する質的分析--ラガーシュ仮説の再検討を含めて The Qualitative Analysis of Effective Work of Mourning by Victims' Family

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

平成13年6月8日に附属池田小学校で発生した児童殺傷事件の被害者遺族の一人である本郷由美子さんの手記『虹とひまわりの娘』を分析素材として、どんな悲嘆の対処法や社会的サポートがモーニングワークの促進に有効であるのかを探索的に探ることを研究の目的とした。加えて、「死者を殺す」というラガーシュ仮説の妥当性に関する若干の検討を行った。その結果、モーニングワークを通して親子の「絆」の結び直しがはかられ、娘に対する「愛の物語」が生成されていった過程が明らかになった。

This paper is the study about victims' family of the murder case in Ikeda elementary school. The purpose of this study was to explore that what kind of coping behavior and social support. facilitate effective mourning work. In addition, Validity of Lagache hypothesis that a bereaved kills internally a deceased was discussed. It emerged that the mother has generated a love story between her and a deceased daughter through writing memoirs, and her mourning work has facilitated reunion of a bond of affection between them.

収録刊行物

  • 岡山大学教育実践総合センター紀要

    岡山大学教育実践総合センター紀要 4, 137-145, 2004

    岡山大学教育学部附属教育実践総合センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002313879
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11529614
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13463705
  • NDL 記事登録ID
    6992901
  • NDL 雑誌分類
    ZF1(教育)
  • NDL 請求記号
    Z71-E932
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ