非同期型CSCLにおける対話データ分析支援システムの開発  [in Japanese] The Development of an Interaction Analysis Support System for asynchronous CSCL  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

近年、初等中等教育や高等教育における協調学習の重要性がますます指摘されるようになっている。また、学校へのインターネット接続が急速に進み、CSCL(Computer Supported Collaborative Learning)に関する研究が多く行われ、実践でも掲示板等を使ったWeb上での協調学習が多く見られる。しかし、授業実践者が学習者の学習過程を分析する際、対話の履歴が保存されることは大きな利点となるが、学習者の知識構造が変化する過程といった質的な分析は授業実践者が対話の内容を一つ一つチェックして行うしかなく、この困難さが掲示板によるCSCL実践のネックの一つであると言える。そこで本研究では、授業実践者が蓄積された対話のデータをいくつかの観点からカテゴライズすることによって、協調学習を量的・質的に分析するのを支援するシステムの開発を行う。

Recently, the importance of collaborative learning in school education is coming to be recognized more. And, internet connectivity to each school is proceeding rapidly. By these reasons, much research about CSCL (Computer Support Collaborative Learning) and much collaborative learning on the Web bulletin board in school education are being done. But, a teacher must check each content of the learner's dialogue in detail to analyze learning process in CSCL. This difficutty is one of the bottlenecks of the CSCL using the bulletin board. So, in this research, we develop a support system that supports a teacher to analyze collaborative learning by categorizing the dialog data based on some viewpoints.

Journal

  • 岡山大学教育実践総合センター紀要

    岡山大学教育実践総合センター紀要 3(1), 139-146, 2003

    岡山大学教育学部附属教育実践総合センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002313908
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11529614
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1346-3705
  • Data Source
    IR 
Page Top