幼稚園における講演会と親子活動に関する研究  [in Japanese] A Study of Lecture Meetings and Childcare Activities in The Kindergarten  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

本研究の目的は、子育て支援の一環として試みた講演会や親子での活動が保護者にどのように受け止められ活動の後で変化をもたらしたかをアンケート調査し、今後の講演会や親子活動のあり方を考える上での基礎資料を得ることである。その結果、親子が一緒に活動するものや内容が具体的で保護者のニーズに対応したものの方が、参加率が高く、男女共7割以上の保護者が参加する前より考え方を変化させている。そして、親子参加型の子育て支援が望まれていることが明らかになった。

The purpose of this study was to examine the effect of our support of childcare activities: lecture meetings and activities with parents and children. Parents were asked how they accepted these activities and what changes were brought by them. The results should that many parents took part in activities with children, and lecture meetings which had practical and concrete contents. And more than 70% of parents have changed their way of thinking.

Journal

  • 岡山大学教育実践総合センター紀要

    岡山大学教育実践総合センター紀要 2(1), 109-117, 2002

    岡山大学教育学部附属教育実践総合センター

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002313987
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11529614
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1346-3705
  • Data Source
    IR 
Page Top