学部シラバスに関する学生の意見 A study on students' idears about the school syllabus

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

1995年4月に初めての本学のシラバス(講義要覧)が発行され、学生に配布された。本報は約1年後の1996年2月の試験期間中にシラバスに対する学生の意見を問うために行われたアンケート調査の結果をまとめたものである。回答を寄せた学生は435人で、在籍学生の89.0%であった。よく利用したとする学生は18.2%、数回利用したとする学生は67.6%であった。学生の使用目的はテストの準備や履修科目の決定のためであった。以上のことから、現在のシラバスは学生が日常的により活用するためにはさらに教師が改善、工夫する必要があると思われた。

The first syllabus of the School was published and distributed to all of the students in April,1995. Ten months later during the term examination, an opportunity arouse to question the sudents about their idears for the syllubus. A survery of all of the students was carried out and 435 students (89.0%) responded to it. They generally utilized it well, especially to decide which subjects they will take, to find out about the textbooks that will be used, and how to prepare for the examination. However it was found not to be sufficient for their daily use. Teachers therefore must make a greater effort in giving information about their lecture.

収録刊行物

  • 岡山大学医療技術短期大学部紀要

    岡山大学医療技術短期大学部紀要 7(1), 29-33, 1996-09-30

    岡山大学医療技術短期大学部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002313997
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10355371
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    0917-4494
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ