新卒看護職者の職業生活への適応に関する研究レビュー A review of literature about adaptation to career of novice nurses

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

社会的趨勢から, 看護職者への需要は依然高い状態が続いているが新卒看護職者の離職率は約9%で推移している。本研究は, 新卒看護職者の早期離職を低減させることを目的に, 彼らの職業生活における社会化と, これに影響を及ぼす要因について文献を検討した。その結果, 看護職者の職業生活における社会化については, 職業的社会化と組織的社会化に分けて検討し, これら2つの社会化に影響を及ぼしている要因は, 変容可能な個人要因と組織要因によって検討されることが望ましいことが示唆された。今後は, 本研究で得られた示唆をもとに, 検討を行う必要があると考えられる。

収録刊行物

  • 広島大学マネジメント研究

    広島大学マネジメント研究 (10), 67-74, 2010-03

    広島大学マネジメント学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002314289
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11658355
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13464086
  • NDL 記事登録ID
    10706411
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z71-F167
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ