近代陶芸としての万古焼(1)  [in Japanese] Banko ware in modern ceramic art  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

明治のころ、三重県の北勢地方では万古焼が四日市を中心に盛んに焼かれ、全国的にその名は知られて、商業的にも成功していた。しかし現在、万古焼は美濃や瀬戸に比べて知名度は低く、陶磁の産地としての規模も小さく、また陶芸作家の活動も卓越しているとはいい難い。この論考では明治以後現在に至る万古焼の道程を振り返り、日本近代陶芸の発展の様相を探り、芸術と産業の間で揺れ動く陶芸の可能性について万古焼を中心に考える。まず今回は明治時代から昭和時代前半期戦時下までの万古焼の歴史を振り返る。

Journal

  • Bulletin of the Faculty of Humanities and Social Sciences,Department of Humanities

    Bulletin of the Faculty of Humanities and Social Sciences,Department of Humanities (27), 109-123, 2010

    三重大学人文学部文化学科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002342402
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10045090
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    02897253
  • NDL Article ID
    10737881
  • NDL Source Classification
    ZV1(一般学術誌--一般学術誌・大学紀要)
  • NDL Call No.
    Z22-1301
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top