Access this Article

Search this Article

Abstract

本稿では,HTMLで記述されたWeb コンテンツをラッピングしてXML データに変換するソフトウェアであるHTML ラッパの構築支援手法について提案する.本アプローチの特徴は,(1)HTMLラッパ構築の問題を,XML データからのDTD 生成の問題の一般化としてモデル化していること,および(2) ラッパ選択のための基準として,DTD の適切性とラッピングの具体性の組合せを利用すること,である.本稿では,提案手法の説明及び実際のWebページを用いた予備実験の結果を示す.This paper proposes a method to support the constructionof HTML wrappers, which are software modules to transformWeb contents written in HTML into XML data. In our approach,(1) we model the problem of wrapper constructionas a generalization of the problem of DTD extraction fromXML data, and (2) we define a measure to find good wrappersas a combination of the appropriateness of DTDs andthe concreteness of wrappers. This paper explains the proposedmethod and shows the result of applying the proposedmethod to actual Web pages.

Journal

  • 日本データベース学会論文誌

    日本データベース学会論文誌 7(1), 263-268, 2008-06

    日本データベース学会

Cited by:  1

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002384149
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12331521
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1883-1060
  • Data Source
    CJPref  IR 
Page Top