大気・海洋結合モデルの並列計算システムとその適用--台風9918号による八代海の高潮の追算 Parallel Computation of Coupled Atmosphere and Ocean Model--The Case Study of Typhoon 9918 in the Yatsushiro Sea

Access this Article

Search this Article

Abstract

メソ気象モデル(MM5),海洋モデル(POM)を連結系として数値計算する並列計算システム(BeowulfSystem)を構築し,八代海における台風9918による高潮の追算を実施し,並列計算効率,モデルの適用性に関する基礎的な検討を行った。地上風の風域場は,簡単化された台風モデルとは異なり,陸上地形の影響が考慮された再現結果が得られた。高潮計算においては,八代港における実測値と数値シミュレーション結果とを比較し,モデルの適用性を確認した。しかし,災害の発生した湾奥の松合地区での計算最大水位は過少評価であった。これは,数値計算に風波の影響を考慮していないためであると考えられる。

The coupled parallel atmosphere and ocean model was developed and verified in LinuxBeowulf system. The hindcast of storm surge caused by Typhoon Bart (T9918) was testedin this system. Computed sea surface changes successfully simulated the observed ones atYatsushiro Harbour. However, the model underestimated in maximum water elevation atMatsuai (at the northern end of the Yatsushiro Sea). We hope a more comprehensivecoupled model considering air-sea-wave interaction may fill this gap.

Journal

  • 京都大学防災研究所年報

    京都大学防災研究所年報 (46), 627-636, 2002

    京都大学防災研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002514875
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00027809
  • Text Lang
    ENG
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0386-412X
  • NDL Article ID
    6810461
  • NDL Call No.
    Z14-312
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top