高耐波安定性消波ブロックの開発および性能照査に関する実験的研究  [in Japanese] Development and Performance Check of High Stability Wave Dissipation Block  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

種々の既存ブロックを対象に,単体空間占有率という観点から,耐波安定性に優れたブ ロックの形状について分析した。本研究で提案する高耐波安定性消波ブロックは,中心軸 の両端に3本の放射状の脚を持つ形状である。水理模型実験により新型ブロックの安定数 算定式を決定した。設計条件に対するブロックの所要重量について,既存の高耐波安定ブ ロックと比較した結果,ほぼ同じ機能を有することがわかった。加えて,新型ブロックの 方が空隙率が大きいために,同条件での所要個数が少なくて済み,経済性の面でも優れて いることがわかった。

A new type of high stability block was developed by analyzing some existing blocks from the viewpoint of a volume ratio in a rectangular parallelepiped. The new high stability block has a shape with three legs at both ends of the axis. Hydraulic experiments were conducted to examine the block stability. The stability number formula was determined from the experiments. Required weight of present high stability block against design waves is almost the same as a typical standard high stability block due to the effective interlocking between the blocks. New high stability blocks are able to decrease a required number and contribute to the cost reduction since the void ratio is large.

Journal

  • 京都大学防災研究所年報

    京都大学防災研究所年報 (53), 417-424, 2009

    京都大学防災研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002515135
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00027784
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0386-412X
  • NDL Article ID
    024977362
  • NDL Call No.
    YH247-547
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top