フラップゲート式可動防波堤の波浪・津波応答に関する模型実験  [in Japanese] Hydraulic Model Experiments on Response of Flapgate Breakwater to Wave and Tsunami  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

フラップゲート式可動防波堤は,通常海底に倒伏し,津波あるいは高潮発生時には浮力を利用して浮上し,短時間で港口を閉鎖できる可動式の防波堤である。本研究は,フラップゲートの実用化に向けて,海底倒伏状態あるいは浮上状態のフラップゲートの波浪応答特性を模型実験により評価するものである。実験は,長さ50m,幅1mの2次元造波水槽を用いて,模型縮尺1/30で実施した。実験模型は,水深13mの実海域を対象とした実機を模型化したものである。実験では,規則波および段波性の津波をフラップゲート模型に作用させ,波圧,扉体角度などについて計測を行った。実験の結果,倒伏した扉体の係留特性およびフラップゲート特有の動揺特性や波圧特性を評価することができた。

A flapgate breakwater is a new type structure for coastal disaster reduction; the flapgate usually lies down on the seabed and rises up through a sea surface with its buoyancy when tsunami or storm surge occurs. This study examines wave response of the flapgate motion of lying down and floating by carrying out hydraulic model experiments. The experiments were conducted using monochromatic waves and bore type tsunamis in a two-dimensional water channel under the condition of the model scale of 1/30 targeting a sea of 13 m in depth. The characteristics of mooring forces and wave pressure of the flapgate lying on the sea bed and moving away from the sea bed were clarified from a series of experiments.

Journal

  • 京都大学防災研究所年報

    京都大学防災研究所年報 (53), 403-416, 2009

    京都大学防災研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002515136
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00027784
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0386-412X
  • NDL Article ID
    024977360
  • NDL Call No.
    YH247-547
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top