健康概念の起源について--古代ギリシャ世界における身体と生命  [in Japanese] Origin of health concept: Soma and Psyche in ancient Greece  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ポリスの存続という至上命題の中で,古代ギリシャ人が人間の身体に抱いていた観念は,精神と乖離した二元論的な理解ではなく,彼らの生存の内的欲求を意義づけるエートス(ethos)と一体のものであった。貴族文化の余韻をとどめながらも,人間の内面は身体に表現されることを確信し,その身体を創造せんとする卓越性(アレテー)の概念と結びつき,戦士共同体における生命のアイデンティティを構成することにって,ギリシャ文化や文明をもたらした主要な源泉となった。死すべき運命を悼みながら,その反映としての不滅の栄光を保障する卓越した勇気の顕現を,ポリス間の絶えざる戦闘という不幸の中で具現しようとしたギリシャ人は,英雄精神によって不死の神に至らんとする飽くなき憧憬を抱き続け,鍛錬された身体的能力と,限りない自己啓発を希求する精神的能力の渾然一体化した「カロカガティア」という,人間のありうべき理想像に関する概念的遺産を今日に伝える。

Journal

  • Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University

    Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University (111), 163-196, 2010

    北海道大学大学院教育学研究院

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002697715
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12219452
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18821669
  • NDL Article ID
    10973466
  • NDL Source Classification
    ZF1(教育)
  • NDL Call No.
    Z7-84
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top