ターンテイキング--日本人と英語ネイティブスピーカーのバックチャネリング比較 Turn-taking:a Comoarative Study of Backchannelling Behavior of Japanese and Native Speakers of English

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

自由論文This paper reports on a study which compared backchannelling behavior in turn-taking of Japanese Speakers of English (JSE's) with Canadian Native Speakers of English (NSE's). The results showed a marked difference in backchannel utterances between the two groups with the JSE's accounting for as much as three times the NSE total. Backchannelling refers to signals both verbal and non-verbal, given by hearers to indicate that they are following what is being said. Although backchannelling utterances are not considered turns, according to Duncan (1972), they 'comprise a large and complex set of signals' which 'may participate in a variety of communication functions, including the regulation of speaking turns'. Thus backchannelling plays a crucial role in turn-taking. Furthermore it has pedagogical implications for inter-cultural communication since backchannelling could be perceived differently by diverse cultural groups. Therefore while in Japanese discourse backchannelling or aizuchi is expected from a competent speaker of the language, in other cultures it could be interpreted as an interruption or even an attempt to take the turn away from the speaker, or change the topic. Thus in the language classroom raising students' awareness of its different use and perception by diverse cultural groups is important in order to minimize possible misunderstanding and to ensure smoother inter-cultural communication.本稿は日本語を母語とする人の英語と、カナダ人で英語を母語とする人の話す英語のターンテイキングにみられる、バックチャネリングを比較した研究を報告する。研究の結果、両者のバックチャネリングを比べると、日本語を母語とする人の方が3倍もの頻度でバックチャネリングを使うなど、顕著な違いがみられた。バックチャネリングは、聞き手が相手の言うことに、ついていっている事を示す発話やしぐさと定義される。バックチャネリングは、ターンとは一般には考えられていないが、ダンカン (1972) によるとバックチャネリングは「複雑かつ多くのシグナルの集合であり、会話のターンのコントロールも含む様々なコミュミケーション機能に登場する。」このようにバックチャネリングはターンテイキングにも重要な役割をもっていると考えられる。さらに、バックチャネリングが文化間で異なった受けとめられ方をする、という点から、異文化間コミュミケーションの教育の上でも重要である。日本語の談話で、バックチャネリング、すなわちあいづちは、当然と受けとめられるのに対し、別の文化では相手の話のじゃま、ターンをあいてから取り上げる、話題をかえようとするかのように受けとられることもある。しかるに、語学教育のなかでも、誤解を避けスムーズなコミュミケーションのために、この間題をとりあげる必要がある。

収録刊行物

  • 大阪女学院短期大学紀要

    大阪女学院短期大学紀要 (30), 143-152, 2000

    大阪女学院短期大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120002815568
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00029189
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    03877744
  • NDL 記事登録ID
    5780033
  • NDL 雑誌分類
    ZK31(言語・文学--外国語・外国文学)
  • NDL 請求記号
    Z12-427
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ