VR技術の医学応用:手術シミュレーションシステムの開発  [in Japanese] Medical Virtual Reality : An Application to Surgery Simulation  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

近年著しく性能向上を遂げたコンピュータにより,コンピュータグラフィックス(ComputerGraphics;CG)技術やバーチャルリアリティ(VirtualReality;VR)技術を駆使した画像コンテンツを日常的に触れる機会が増えてきたといえる.一方医学においても,コンピュータ技術の発達に加え,CTやMRIといった計測装置の性能向上により,計測した情報から生体内の立体構造を高速に再構築し,生体が本来持っている三次元構造と四次元現象を可視化することが可能になった.同時にこの膨大なデータを直感的に,かつインタラクティブに扱うことが必要とされるようになり,VR技術が応用されるようになってきた.このVR技術の医学応用,いわゆる医用VR技術の出現により,詳細な人体動作の解析や,手術支援システムに関する研究開発が行われるようになった.本稿では,この手術支援に関する研究分野である手術シミュレーションシステムについて,われわれが研究開発してきた事例をもとに紹介する.

Journal

  • Fukuoka acta medica

    Fukuoka acta medica 96(2), 44-48, 2005-02-25

    福岡医学会

Cited by:  1

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002834538
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00215456
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0016254X
  • NDL Article ID
    7393412
  • NDL Source Classification
    ZS7(科学技術--医学)
  • NDL Call No.
    Z19-86
  • Data Source
    CJPref  NDL  IR 
Page Top