泊鉈製作の作業場ならびに道具に関する調査  [in Japanese] Research on the workshop and the tools of Tomari Hatchet  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

富山県で泊鉈を製作している大久保中秋氏(刃物・農土具製作所、昭和5 年生まれ)の作業場環境ならびに製作道具を調査し、その詳細を記録した。この調査によって、一般に鍛冶師が行う熱処理時の事例とは異なって、鍛造エリアが明るいこと、また製作道具が泊鉈製作に特化したものではなく、特別な冶具なども無いことが確認できた。このような状況の下、大久保氏が重要視していると考えられる鍛造エリアの明るさと熱処理方法の関係、ならびに製作道具の調査から野鍛冶の道具と製作技術について考察した。その結果、鍛造エリアの明るさは焼入れと焼戻しを同時に行う上で必要な環境であり、焼戻しにおける酸化色の移動状況を見極めるためであることが推察できた。また、大久保氏をはじめとする野鍛冶は、特定の製品に適応させた道具や冶具を作らず、臨機応変に駆使できる経験則的な技術を築き上げて個々の製品に対応し、製作していることが分かった。

Journal

  • Geibun

    Geibun 5, 126-133, 2011-02

    富山大学芸術文化学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002971927
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12190259
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18816649
  • NDL Article ID
    11005922
  • NDL Source Classification
    ZK1(芸術)
  • NDL Call No.
    Z71-S446
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top