泊鉈の製作工程ならびに経験則的鍛冶技術の調査  [in Japanese] Production process of Tomari Hatchet and the smithing techniques based on accumulated experience  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

富山県で製作されている泊鉈の製作工程を記録すると同時に、製作者大久保中秋氏(昭和5 年生まれ、下新川郡朝日町)が経験則的に修得した鍛冶技術を平成20 ~22 年にかけて調査したものである。その結果、以下のことが得られた。泊鉈はトンビの形態とその役割や、割込みをした地金に炭素鋼を鍛接し、両刃の構造でありながら片刃に仕上げられた鉈であり、止め焼き法によって焼戻しを行うなど、特徴ある構造と技法で製作されていた。その製作技術は、例えば、鍛接温度や焼戻しにおける酸化色の見極めなど、設定した目安によって実行されていた。それらの目安は、師匠の製作行為を観察して模倣し、また繰り返し行ってきた自らの行為とその結果の蓄積から、相対的にその関係や法則を理解して設定したものであった。また、技術の修得は視覚、触覚、聴覚などを通し、反復練習によって身体に覚え込ませていた。更に、それらが反射的にあるいは直感として無意識に対応する「勘」を築いているのではないかと考察した。

Journal

  • Geibun

    Geibun 5, 82-93, 2011-02

    富山大学芸術文化学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002971928
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12190259
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    18816649
  • NDL Article ID
    11005823
  • NDL Source Classification
    ZK1(芸術)
  • NDL Call No.
    Z71-S446
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top