半経験的分子軌道法計算パッケージMOPAC2007の概要  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

昨年公開された半経験的分子軌道計算ソフトウェアMOPACの最新版MOPAC2007について,その機能を概説し,従来のMOPAC6と比較してその差異を示すとともに,追加された新しいPM6法の意義と特徴について解説する。また,MOPACを利用して得られる情報のうち基本的なものについて,結果を示す図を交えて解説する。

Journal

  • Bulletin of Information Technology Center

    Bulletin of Information Technology Center 5, 69-74, 2008

    富山大学総合情報基盤センター

Keywords

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120002986107
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12062000
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    13490796
  • NDL Article ID
    9491353
  • NDL Source Classification
    ZM13(科学技術--科学技術一般--データ処理・計算機)
  • NDL Call No.
    Z74-D970
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top