腹腔鏡下生検で診断した悪性腹膜中皮腫の1例  [in Japanese] A Case of Peritoneal Malignant Mesothelioma Diagnosed by Laparoscopy  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

症例は52歳,男性.腹部膨満感,体重減少,易疲労感,食思不振を主訴に石井病院内科を受診した.初診時腹部は著明に膨満していた.CT検査で腹腔内に多量の腹水を認めたが,はっきりした腫瘤性病変などはなかった.PET-CTでは右腹腔内の壁側腹膜に沿った部位と下行結腸付近にFDGの集積がみられた.腹腔穿刺細胞診では,出血炎症性の背景に中皮細胞が孤立性~集塊状に多数出現していて,中皮由来の細胞集塊と考えられたが,確定診断にはいたらなかった.生検を目的に,内科から外科に転科し,腹腔鏡手術を施行した.腹腔鏡で観察すると,腹腔内には多量の腹水が貯留しており,PET-CTで集積を認めた右側腹部腹壁に白色調のうずら卵大の腫瘤があったが,下行結腸付近にははっきりした腫瘤はなかった.うずら卵大の腫瘤を切除し,病理検査に供したところ腫瘤は悪性腹膜中皮腫と診断された.化学療法を目的として群馬大学第2外科に紹介され,GemcitabineとCarboplatinによる化学療法を開殆した.

Journal

  • The Kitakanto medical journal

    The Kitakanto medical journal 62(1), 65-70, 2012-02

    北関東医学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120003850425
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN10585677
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    1343-2826
  • NDL Article ID
    023542636
  • NDL Call No.
    Z19-138
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top