渡島半島日本海沿岸における海生哺乳類,特に鰭脚類の出現と漁業被害  [in Japanese] The Occurrence of Pinnipeds and Fishery Conflict records in the Oshima Peninsula, Hokkaido, Sea of Japan  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

渡島半島の西部海域におけるトドを中心とした海生哺乳類の来遊種や分布とその変化,および混獲と漁業被害の有無を明らかにすることを目的とした。本調査によって,渡島半島周辺海域には冬季にトドとオットセイ,アザラシ類,および春季にイルカ類が来遊していることが明らかになった。漁獲物の食害や網破断などの漁業被害は,トドとオットセイによって生じていると推察される。

Journal

  • Bulletin of Fisheries Sciences, Hokkaido University

    Bulletin of Fisheries Sciences, Hokkaido University 61(2・3), 75-82, 2011-12

    北海道大学大学院水産科学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120003898293
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11547977
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1346-1842
  • NDL Article ID
    023561150
  • NDL Call No.
    Z18-208
  • Data Source
    NDL  IR  JASI 
Page Top