甑島の捕鯨 Whaling in Koshiki Island, Kagoshima Prefecture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

日本近海の捕鯨記録から太平洋戦争終期の昭和19年から昭和23年にかけて,甑島ではマッコウクジラ(Physeter macrocephalus)やイワシクジラ(Balaenoptera borealis),ナガスクジラ(Balaenoptera physalus),シロナガスクジラ(Balaenoptera musculus)が捕獲されたことが明らかとなった。本研究の目的は九州本土に近い甑島で行われた捕鯨の概要を明らかにし,近海捕鯨における甑島での捕鯨がどの様な位置づけであるかを検討することにある。

収録刊行物

  • 鹿児島大学水産学部紀要

    鹿児島大学水産学部紀要 60, 13-23, 2011

    鹿兒島大学水産學部

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120004025418
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00040498
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    0453-087X
  • NDL 記事登録ID
    023787741
  • NDL 請求記号
    Z18-251
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ