試験成績・研究成果 貧栄養土壌におけるスス牛(Miscanthus sinensis)の地上部バイオマス生産に対する施肥効果 : 北海道小牧市における研究事例 Response of Fertilization to Aboveground Biomass Production of Miscanthus sinensis on Poor Fertility Soil : Case study in Tomakomai, Hokkaido Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

北海道苫小牧市のススキ地で地上部乾物生への制限因子を調査した。2008~2010年に窒素,リン,カリ施与の有無でのべ13処理区を設け,草丈,葉数,乾物重と窒素,リン,カリ含量を測定した。乾物重は気温と降水量の高かった2010年に増加し,また処理区間でも差が見られた。乾物重への施肥効果はリン>カリ>窒素であり,窒素とリンまたはカリの併用効果が大きかった。堆肥施与で増収効果があり,畜産廃棄物等の有効利用が期待できる。

収録刊行物

  • 北農

    北農 79(2), 162-169, 2012-04

    北海道農事試驗場北農會

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120004043742
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00348744
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    0018-3490
  • NDL 記事登録ID
    023745042
  • NDL 請求記号
    Z18-218
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ