位置推定のための無線LAN観測データベースの健全性維持手法 Integrity Maintenance Method for Wireless LAN Observation Database of Location Estimation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

無線LANを用いた位置推定技術が一般に利用可能になりつつある.一方,無線LANの基地局は,廃棄されたり,引っ越しなどにより位置が変更される場合もあると同時に,新幹線に搭載されたりモバイルWiFiのように常時移動するような特殊な基地局も存在するため,位置推定の精度低下を引き起こす.本研究では,Locky.jpで収集された80万基地局の無線LAN観測データベースを対象とし,これらの問題となる基地局の検出によりデータベースの健全性を維持する手法を提案する.また,本手法による位置推定精度の向上を検証した.

収録刊行物

  • 第73回全国大会講演論文集

    第73回全国大会講演論文集 2011(1), 281-282, 2011-03-02

    一般社団法人情報処理学会

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120004384229
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00349328
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Conference Paper
  • データ提供元
    IR  IPSJ 
ページトップへ