冠動脈インターベンションにおける薬剤溶出性ステントを取り巻く現状  [in Japanese] Current issues in percutaneous coronary intervention with drug-eluting stent  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

冠動脈インターベンション(PCI)のアキレス腱である再狭窄を克服すべく,薬剤溶出性ステント(DES)が導入されて約10 年が経過する.DES は今や,世界的に普及し,PCI の主軸をなしている.広く臨床応用されるDES の現状,また問題点,さらには展望をここで述べる.

Journal

  • 京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (32), 50-57, 2011-12

    京都第二赤十字病院

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120004665358
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00357778
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0389-4908
  • Data Source
    IR 
Page Top