「オールラウンド型」景観まちづくり市民団体の役割 : 茅ヶ崎市(仮称)河童徳利広場構想ワークショップを事例として  [in Japanese] The Role of an "All-Round" Civic Amenity Society : Case Study of the Workshop for Planning of Kappa Dokkuri Square in Nishikubo, Chigasaki  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

神奈川県茅ヶ崎市で活動するまち景まち観フォーラム・茅ヶ崎 (まち景) は、エリアを限定せず、かつ多数のテーマを扱う「オールラウンド型」の景観まちづくり市民団体である。一般的に、このような団体はマップづくりやイベント開催などの周知・啓発活動に取り組むことができるが、特定地域の直接の当事者でないために、地域の物的環境改善を伴う景観まちづくりに関わることは難しい。しかしながら、まち景は、2011年に市内西久保地区で取り組んだ河童徳利広場WSの開催に至るプロセス、ならびにWSの企画・運営のなかで、団体がこれまでの15年の活動のなかで培ってきた「市民性」と「専門性」の両側面にわたる強みを活かして、地域住民や専門家としての大学チームとの連携を図り、地域における広場づくり構想の第一歩を先導した。

Journal

  • 観光科学研究

    観光科学研究 (5), 149-157, 2012-03

    首都大学東京 大学院都市環境科学研究科 観光科学域

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120004738543
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12343826
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Departmental Bulletin Paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1882-4498
  • NDL Article ID
    026233840
  • NDL Call No.
    Z71-Y303
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top