试论安妮宝贝的短篇小说《告别薇安》-关于其人际关系与语言特点-

Access this Article

Search this Article

Abstract

本论文通过中国的女作家安妮宝贝的短篇小说《告别薇安》作为研究对象。这部短篇小说是这位女作家第一次出版的第一部小说集里面收集的第一部作品。小说以"人际关系中的接纳与被接纳"的关系及"生活在现代混沌中,人普遍感覚到的孤独与困惑"作为核心题材。安妮宝贝是通过网络时代塑造的新时代作家,笔者认为她作品里"日常生活中的非日常故事"等题材和其中的人际关系-接纳与被接纳、人的混沌而矛盾的心理可以值得研究。这点就是笔者关注研究她最初的出发点,也是研究动机之一.本论文根据主要人物间的人际关系以及语言運运用上的特点,探讨而试论人的心理和情感。アニーベイビーはネット作家として彗星のごとく中国の文壇に現れた,まさにIT時代が生み出したニュージェネレーションの新進気鋭の作家である。本稿でとりあげる『さよならビビアン』は,作者が初めて出版した同名小説集に収められたデビュー作である。作者は「人間関係における授受及び被授受」そして「混沌とした社会に生きる人々がもつ孤独と困感」を重要なテーマに掲げている。本稿ではアニーベイビーのデビュー作,及びその他の著作に共通して作者が描き続ける「日常生活の中にある非日常的なストーリー」に着日し,『さよならビビアン』における人間関係,言語運用の角度から登場人物の心理に焦点を当てて論を進める。

Journal

  • 沖縄大学人文学部紀要 = Journal of the Faculty of Humanities and Social Sciences

    沖縄大学人文学部紀要 = Journal of the Faculty of Humanities and Social Sciences (13), 41-48, 2011-03-31

    沖縄大学人文学部

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120004774403
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA11463389
  • Text Lang
    ZHO
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1345-8523
  • Data Source
    IR 
Page Top