当院小児科入院患者の現状 一般小児病棟における感染症入院患児の実態  [in Japanese] Current status of pediatric inpatients with infectious disease in our hospital  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

2010年4月~2011年3月に当院小児専用病棟へ入院した小児科患者(1,515名)の70.2%は感染症患者であった。その感染部位は下気道(49.1%)、上気道(18.5%)、消化器(16.7%)、皮膚・筋(5.1%)、中枢神経系(3.1%)で、男/女比は1.20、約8割が5歳以下(全体の半数が2歳未満)であった。原因ウイルスの64.2%はRS、ロタ、インフルエンザによるもので、入院数に季節変動がみられ、夏の入院患者が少なかった。細菌培養の採取部位は鼻腔(25.0%)、咽頭(24.8%)、静脈血(23.5%)、尿(10.5%)、便(9.4%)、髄液(3.2%)の順に多かったが、菌分離陽性率は鼻腔(63.9%)、膿(55.6%)で高かったのに対して、咽頭(25.3%)、静脈血(1.5%)では低かった。医療スタッフ、付き添い家族の感染予防対策の徹底とlocal factorに基づく施設独自のantibiogramが重要と考えられた。

Journal

  • 京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital

    京都第二赤十字病院医学雑誌 = Medical journal of Kyoto Second Red Cross Hospital (32), 70-87, 2011-12

    京都第二赤十字病院

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120004798298
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00357778
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    journal article
  • ISSN
    0389-4908
  • Data Source
    IR 
Page Top