情動・認知の誤帰属と処理の順序性 The Misattribution and Primacy of Processing of Emotion and Cognition

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

irreverent sources is ubiquitous over psychological processes including most aspects of emotion and cognition. The ubiquity reflects the ignorance of the sources of subjective experiences, which emanate directly from consciously unaccessible processes. As a consequence, the ignorance of them biases emotions and thoughts. In this article, a diverse body of research on the misattributions will be reviewed, focusing on the role of metacognition which monitors subjective experiences, infers their sources, and interprets their implications. Discussion follows on the problems with which mere exposure effect, assumed originally as an empirical evidence of affective primacy, is conceptualized in terms of the misattribution of cognitive experiences.誤帰属は、情動経験から認知的な経験まで、人間の心理現象に広く見られる。それは、様々な心理現象に伴う内的な感覚が、意識が接近できない潜在的過程から産出される直接的な結果であることと関係する。この主観的経験の源泉に対する無知は、感情経験や認知的な判断にバイアスをもたらすひとつの準備となるのである。本稿では、直接的な内的感覚をモニターし、その源泉を推測し、それを説明付けるメタ認知の働きに焦点を当てながら、広範囲にわたる誤帰属研究を概観する。情動経験の誤帰属、利用可能性ヒューリスティック、知覚的流暢性誤帰属をとりあげ、その中で主観的経験とそのメタ認知が重要な役割を果たしていることを確認した後、感情先行説の実験的証拠であった単純接触効果を認知的な誤帰属として扱う際に生じる争点およびその展望を論じる。

収録刊行物

  • 対人社会心理学研究

    対人社会心理学研究 (1), 171-184, 2001-03

    大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120004844963
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11550166
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    13462857
  • NDL 記事登録ID
    5961623
  • NDL 雑誌分類
    ZE1(社会・労働--社会科学・社会思想・社会学)
  • NDL 請求記号
    Z71-F94
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ