友人関係における親密度と対面・携帯メールの自己開示との関連 Correlation between intimacy and self-disclosure in Face-to-Face and Short Message Service in friendship

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究では、親密度の増大・減少によって対面と携帯メールの自己開示がどのように増大・減少するかという点と、対面とメールの自己開示がどのような過程でその後の親密度の知覚と関連を持つかという点を、友人関係を対象とした縦断的調査によって明らかにすることを目的として検討を行った。102 名を対象に分析を行った結果、親密度が高くなると、対面では将来の目標や悩み事に関する開示が増加し、携帯メールではうわさ話が増加した。一方、親密度が変化しない、もしくは下がっても、携帯メールの開示量は変化しなかった。さらにパス解析の結果から、対面での開示が行われることが前提となって、携帯メールの開示が親密度に影響していた。以上の結果は、携帯メールは、(1)相手との最低限の関係を維持し、(2)対面の開示が土台となって親密度に影響する、という可能性を示唆した。

In this research, we considered how self-disclosure in face-to- face (FtF) and Short Message Service (SMS) increase or decrease along with increased or decreased intimacy awareness. Further, longitudinal study targeting friendship was conducted to elucidate the course of self-discloser in FtF and SMS associating with intimacy. The result of analysis with 102 participants showed increased self-disclosure along with intimacy regarding future goals and concerns in FtF, and gossiping in SMS. On the other hand, self-disclosure in SMS was constant regardless of constant or decreased intimacy. In addition, pass analysis showed how self-disclosure in SMS affected intimacy on assumption of FtF self-disclosure. These results indicated possibilities that SMS may 1) maintain minimum relationships and 2) affect intimacy based on FtF self-disclosure.

収録刊行物

  • 対人社会心理学研究

    対人社会心理学研究 (5), 21-29, 2005

    大阪大学大学院人間科学研究科対人社会心理学研究室

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120004846412
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11550166
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    departmental bulletin paper
  • ISSN
    1346-2857
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ