2010年夏にヨーロッパ・ロシア域で発生した持続的なブロッキングのメカニズムと予測可能性  [in Japanese] Mechanism and Predictability of Persistent Blocking over Euro-Russian Region in Summer Season 2010  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Abstract

2010年6月中旬から8月中旬にかけて東ヨーロッパ・ロシア西部で発生したブロッキングの形成・持続メカニズムと予測可能性について,大気の低周波変動成分に注目して解析を行った。気象研究所大気大循環モデル(MRI/JMA-AGCM)によるハインドキャスト実験データの解析から,7月下旬にブロッキングがヨーロッパ域(30˚E付近)からロシア域(50˚E付近)に遷移する期間のブロッキングの予測精度が顕著に悪化することを定量的に示すことができた。さらに気象庁現業1ヶ月アンサンブル予報データを用いて7月下旬の大気循環場について解析した結果,ロシア域でのブロッキング強化は,ブロッキングのすぐ上流側に位置するイタリア上空のトラフの発達と有意に関連していることが明らかになった。このことは,7月下旬のロシア域におけるブロッキングの形成には,そのすぐ上流側に位置する近傍の循環場偏差が重要な役割を果たしていたことを示している。

We investigate the mechanism and predictability of a strong persistent Euro-Russian blocking in summer (JJA) of 2010 using a reanalysis dataset and two kinds of forecast datasets. It is found that when the blocking resides over the Atlantic from mid-June to late-June, synoptic eddies contribute to maintain the blocking. On the other hand, low-frequency disturbances play an important role in the blocking maintenance from late-July to mid-August when the blocking is located over western Russia. The analysis on the forecast datasets indicates that the predictability of the blocking in late-July when the blocking shifts its location from western Europe to Russia is much reduced in comparison with the other periods. This might be related to the short time-scale of the triggering process of the blocking shift by a Rossby wave packet emanating from the adjacent upstream cyclonic anomaly over Italy.

Journal

  • 京都大学防災研究所年報

    京都大学防災研究所年報 (55), 255-262, 2011

    京都大学防災研究所

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120004945195
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AN00027784
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    0386-412X
  • NDL Article ID
    024997812
  • NDL Call No.
    YH247-547
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top