ドイツにおける後期中等教育段階の物理教育の変遷 : 旧東ドイツ地区・ザクセン邦ギムナジウム上級段階物理と東ドイツ拡大オーベルシューレ物理との比較考察  [in Japanese] The Changes in Physics Education in Upper Secondary Level in Germany : A Comparative Study between the Gymnasial Upper Stage in Saxony and the Extended Secondary School in East Germany  [in Japanese]

Access this Article

Search this Article

Author(s)

Abstract

ドイツ・ザクセン邦のギムナジウム上級段階と東ドイツの拡大オーベルシューレとに焦点を当て,ほぼ30年を経た,いわば新旧指導要領などの比較考察から,後期中等教育段階の物理教育の変遷を明らかにした。この新物理に至り,必修でなく選択教科や分野の設定,可能な履修時間幅の拡大があり,目標も変容し,現代物理学の重視という変化もあり,生徒の興味関心・教師の自由裁量を考慮・許容してきている。結局,イデオロギーの変化や科学技術の発展に加えて,対象生徒数の増大に対応してきたといえるだろう。

Journal

  • 研究集録

    研究集録 (151), 81-91, 2012

    岡山大学大学院教育学研究科

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005053295
  • NII NACSIS-CAT ID (NCID)
    AA12338258
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    departmental bulletin paper
  • Journal Type
    大学紀要
  • ISSN
    1883-2423
  • NDL Article ID
    024170821
  • NDL Call No.
    Z22-269
  • Data Source
    NDL  IR 
Page Top