データ連携におけるサービス運用要求の把握によるインタオペラビリティの達成  [in Japanese] Achieving Interoperability for Data Operations between Services with Understanding Operational Requirements  [in Japanese]

Access this Article

Abstract

サービス利用型のソフトウェア構築では,インタフェース仕様を用いて,結合するサービスを十分に把握したとしても,そのサービスの基になっている要求に対して誤解を生ずる可能性がある.この誤解は,サービス間のデータ連携において,運用上の問題を引き起こすため,サービス利用を検討している段階で解決すべきである.本稿では,データ連携において,サービス間で誤った運用にならないよう確認するための手法を提案する.本手法は,サービス間のデータのインタオペラビリティをゴールとして取り扱うことにより,サービス提供者とサービス利用者の,相互運用に対する要求の選択肢を明らかにする.これにより,提供されるサービスにおけるデータの複雑さや,サービスの想定外の振舞いを考慮できる.実際のサービス型開発プロジェクトに本手法を適用し,その有効性を示す. : In the service-oriented software development, there are possibilities to misunderstand service requirements even if coupling services are understood sufficiently with interface specifications. The misunderstandings cause for occurring operational problems and should be solved when service coupling designs are considered. In this paper, we propose a method for checking inefficient operations between services. The method makes options of service operations for the service provider and the service consumer be explicit with resolving goals of interoperability, and enables to consider complexities of data and unexpected behavior in provided services. We apply the method for actual service development project and show effectiveness of the method.

Journal

  • 情報処理学会論文誌

    情報処理学会論文誌 52(9), 2799-2811, 2011-09-15

    情報処理学会

Codes

  • NII Article ID (NAID)
    120005122757
  • Text Lang
    JPN
  • Article Type
    Journal Article
  • ISSN
    0387-5806
  • Data Source
    IR 
Page Top