重度外傷患者の心理的側面に関する研究 : 退院後の質問紙調査による検討 Psychological Aspects of Severe Injury : A Post-discharge Questionnaire Survey

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

三次救急医療機関において入院治療を受けた重度外傷患者を対象に外傷体験が心理面に及ぼす影響を検討した。切断指・肢、多発外傷、多発骨折などの患者58名を対象として、退院後3~10ヵ月目にアンケート調査を行い、30名(51.7%、男性21名、女性9名)から回答を得た。Impact of Event Scale-Revised(IES-R)は、19.6±15.9点であり、25点以上の強いストレス下にある患者は33.3%であった。Hospital Anxiety Depression Scale(HADS)の不安は4.6±2.7点、抑うつは4.9±3.8点であり、不安、抑うつの可能性がある8点以上の患者はそれぞれ16.7%、23.3%であった。仕事・家事への復帰、趣味・娯楽活動の再開、退院後のセルフケア、生活の満足度は、それぞれHADS抑うつと関係した。重度外傷患者では、退院後も長期にわたり心理的ストレス、不安、抑うつが生じることから、患者の心理面をふまえたサポートの重要性が示された。

収録刊行物

  • 甲南女子大学研究紀要. 看護学・リハビリテーション学編 = Studies in nursing and rehabilitation

    甲南女子大学研究紀要. 看護学・リハビリテーション学編 = Studies in nursing and rehabilitation (4), 211-221, 2010-03-18

    甲南女子大学

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005182224
  • NII書誌ID(NCID)
    AA12320503
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Journal Article
  • ISSN
    18825788
  • データ提供元
    IR 
ページトップへ