教員による学部ゼミナールの授業構成 : 学生の特性把握・目標の設定・活動と指導 Lesson Structure in Undergraduate Seminars

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

本研究の目的は、専門教育としての学部ゼミナールに焦点を当て、学生の特性把握、教育目標の設定、学習目標の設定、学習活動の設定、学生に対する指導の5 点からゼミナールの授業構成を検討することである。本研究では、東京都内に本部が所在する大学の人文学、社会科学、総合科学系学部に所属している教員(専任講師以上)を対象に、学部2、3、4 年生向けのゼミナールに関する質問紙調査を実施した。125 名の教員データを用いた因子分析の結果、教員はゼミナールを専門教育の方法としてだけでなく共同体としても認識していること、専門性の習得を超えた価値をゼミナールに見出している可能性などが示唆された。続いて、教員によるゼミナールの授業構成に対する諸要因の効果を検討した。分散分析の結果、人文学が専門の教員は社会科学が専門の教員よりも知識伝達を重視していること、担当年数が長い教員は専門性の習得に価値を置いていること、学生による発表や課題遂行の支援は4 年生が対象のゼミナールで多く行われていること、グループでの共同活動や教員および学生間での議論はゼミナールの規模が大きいほど多く行われていることなどが明らかになった。This study investigates the lesson structure in undergraduate seminars for second-, third-, and fourth-year students on the basis of five features: understanding learners' characteristics, setting educational goals, setting learning goals, performing learning activities, and teachers' instruction. We surveyed 600 teachers, of whom 125 completed the questionnaire. First, we analyzed the data using exploratory factor analysis. The results suggested that teachers are aware about which seminars serve as a platform for interaction for them and students as well as a means of professional education, and they recognize the seminars' value that exceeds at improving students' expertise. Next, we analyzed the factors affecting the lesson structure: academic discipline, teaching experience, targeted grades of seminars, and seminar size. The results of the analysis of variance showed that (a) humanities teachers more strongly emphasize knowledge transmission than do social sciences teachers, (b) teachers with greater teaching experience value acquiring expertise through seminars, (c) students' presentations and teacher's support for learning tasks are more highly rated in seminars for fourth-year students, and (d) the seminars' size and the amount of collaborative work in groups and discussions among a teacher and students are directly proportional.

収録刊行物

  • 名古屋高等教育研究

    名古屋高等教育研究 (13), 143-162, 2013-03

    名古屋大学高等研究教育センター

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    120005227895
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11679581
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    Departmental Bulletin Paper
  • 雑誌種別
    大学紀要
  • ISSN
    1348-2459
  • NDL 記事登録ID
    024586316
  • NDL 請求記号
    Z71-J969
  • データ提供元
    NDL  IR 
ページトップへ